ホーム:   ニュース
 
[“新浪”百度組織の調整:地図業務割れ LBS事業部成立
2012/10/10

 10月10夜ニューズでは百度地図部門は近頃LBS(すなわち地理位置に基づきサービス)事業部に細分化され百度内部の2つの事業部の一つになった。これは百度が位置情報サービス分野のレイアウトを更に強めようとしていることを示した。百度LBS事業部全体はまた依然として副総裁の王夢秋に報告する。

百度の移動戦略の未来視が良くないとの指摘があるにもかかわらず、この会社はまたマイペースで成長して行く。最近の重要な措置は、百度地図業務に対する調整である。
実施する計画により百度地図関連業務部門は細分化し独立になり、LBS事業部へとグレードアップする。製品、技術、運営を含む複数分野の新事業部では、百度地図PC及び移動インターネットの技術開発、製品グレードアップ、業務開拓などの関連業務を担当することになる。
そこで、百度LBS事業部及び百度移動•雲事業部とともに百度組織内2つの事業部となった。
話によると、新く成立した百度LBS事業部はまた百度地図元責任者により指導し、関連の任命は未だに内部で本格的に伝達しないでいる。必ずと言っていいほど百度LBS事業部全体はまた依然として百度技術副総裁の王夢秋に報告する。なお、ずっと百度プラザで勤務しないこのグループでは、将来新い勤務地を立地するかも知れない。
百度ポータブルの求人情報に示すように、今年3月中旬から、百度LBS検索部、LBS产品市場部などの部門は既に大規模な求人が始まり、前後60以上の異なる職務を及ぶ、最近未だに募集している最中なのは計算方法戦略開発技師LBS雲サービス開発技師、データ開発技師等を含む。
百度LBS検索部の求人ページでは、入社すると情熱な創業チームの雰囲気を満喫できる、最前線での移動インターネット製品戦争に接するチャンスが有るとの文字がはっきり示した。これもまた違う視野から百度LBS事業部はどのような姿勢で業界の競争に参入するのを説明してくれた。
スケジュール通り、来週百度はリリースする予定がある、LBS関連の重要戦略計画を発表すると同時に百度智享生活などの関連計画もいよいよ始まろうとしている。詳細は業界外ではまた知るすべがない。百度はこれから地図の基本サービスの提供者から全LBS業界の新競争者に変身することは明白である。
Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス