ホーム:   ニュース
 
[賽迪網]智慧都市建設新概念:「智慧がビッグデータによる」
2012/4/9

 情報技術は、都市の各方面を変更し、都市中毎人のライフスタイルから、都市中各産業の生産方式乃至都市の運営及び管理方式まで、「智慧化」或は「インテリジェント化」しようとする。上海について、智慧都市建設の推進は革新駆動及び転型発展を速める一つの重要な戦略手段とする。この開始に際して、我々は、「クラウドが知能指数」「データ」を見え、更に今後「データ」により「魔術を使って空中を飛行する」目標を確立し、「直接に核心を取りたい」と思っている。。

ビッグデータは、一つの関注必要な新概念である
近日、アメリカのオバマ政府は、ホワイトハウスウェブサイトで「ビッグデータ研究及び発展倡議」を発布し、「厖大で複雑なデータ情報を収集して処理することにより、知識及び洞察を取得し、能力を向上させ、科学、工事分野の革新歩伐を速め、アメリカ国土安全を強化し、教育及び学習モードを転変する」を提出している。は
実は、2009年以来、IBM、マイクロソフト社からグーグル、アマゾン及びFacebookに向かって、IDC、Gartnerからマッキンゼー、PwC及びアクセンチュアに向かって、「ニューヨーク時報」から「フォーブス」、「財富」周刊に向かって、「科学」、「自然」雑誌からMITの「スローンマネジメントレビュー」、「技術評論」、「ビッグデータ」(BigData) に向かうこの新概念は、既に長々と探究され、ひいては率先者らが既に実践探索している。今回アメリカ政府からのビッグデータに正式で高調に強調した挙動から動向を見れば、我々はこの概念についてより関注、より深入り認識及び思考しなければならない。
近年、関連業界の率先者らは何度も、ビッグデータが新しい「智慧革命」を誘発すると予言している。即ち、厖大、複雑、リアルタイムのビッグデータから知識を発見し、インテリジェントを向上させ、価値を創造することができる。
これは一つの「最美好」の時代だ——情報化は、我々の世界及び生活がより美好になる。これも一つの「最過酷」の時代だ——インターネット、モノのインターネット、クラウド技術等が時々刻々生じている複雑な巨量情報をもたらし、人類がデータ情報の海洋に埋もれられ、常人の能力及び常規の技術で処理できない。都合よく、情報技術の持続発展により我々は希望を見える:人と人、人類と自然との間の情報溝通方式はより一層として革新し、生活の世界の構造の全体はますます「智慧」特徴を具備し、我々も「智慧的」に情報を利用し、世界及び他人に対してより「智慧」の判断と応答を行なう。人類の学習、作動、生活、娯楽及び交通、医療、エネルギー利用方式等は、これにより変更する。
智慧都市建設は、「クラウド」及び「物」をしか重要視できない
このような大趨勢下で、智慧都市の建設は勿論である。「上海市智慧都市建設推進2011-2013年行動計画」の実施時間は既に過半になるが、ながら皆さんが推進が困難だと考えしており、突破口を見付けにくく、ボトルネックがいったいどこにあるか?問題が源から探す:どう科学的に理解し、智慧都市の内在及び実質を正確に把握するか?智慧都市は都市情報化発展の新段階とし、智慧都市建設は大きい程度上で一つの「技術仕事」であり、「情報技術範疇」に属する——これは半分の話しである。後半の話は:智慧都市の「智慧」は主にビッグデータへの処理により、これは推進智慧都市建設の核心問題である。
簡単な統計で知るように、我々の「行動計画」テキストの中で、31回の「クラウドコンピューティング」、47回の「クラウド」、25回の「モノのインターネット」及び31回の「データ」が現れている。分析すると、「クラウドコンピューティング」及び「モノのインターネット」は我々の重点的に関注する新技術、新産業である。「データ」とは、何度も計画に現れるが、少数幾回で交通管理、金融貿易等の個別分野を記述する時、「データに深入り分析することで智慧価値を取得し」、多数のところで提起された「データ」は、ビッグデータの思想内含と関係が無い。我々は、智慧都市建設を計画する時、更に遥かに「データの価値」を重要視しないを得ず承認しない。
勿論、情報のインフラ建設は大変に重要なのが、ビッグデータがこれにより採集、伝輸、貯蔵されることにある——モノのインターネット技術の発展を重要視しなければならない理由は、ビッグデータがモノのインターネットにより採集されて取得することにある。クラウド技術の発展を重要視する必要なの理由は、ビッグデータがクラウド記憶、クラウドコンピューティングに応用されることにある。しかし、「「クラウドが知能指数」「データ」を見える必要がある。「智慧からのビッグデータ」の核心共識を確立してこそ初めて、智慧都市建設の推進が「巧みに偏向できる」。
「厖大データから知識を取得するために用いられるツール及び技能」
ホワイトハウス科学技術政策事務室(OSTP)は、ビッグデータ研究開発倡議を発布するとともに、アメリカ国家科学基金会(NSF)、国家健康研究院(NIH)、国防部、エネルギー部等の六つの連邦部門及び機構は承諾、「厖大データから知識を取得するために用いられるツール及び技能」を大きく改善するように、新しく2億ドル以上を提供し、且つ多項の実施中の連邦政府計画を明かしている。換言すれば、アメリカンは既に、国家戦略高度からビッグデータを再認識し、且つ行動を開始し、革新競争力を強化するために、より一層として情報化建設を推進するだけでなくは、更にビッグデータ処理分野の核心技術を期待研究開発することに力を入れる。
智慧都市の」建設は、都市発展の新方式及び新戦略である。情報技術は都市の各方面を変更し、都市にある毎個人のライフスタイルから、都市での毎個産業の生産方式、都市の運営及び管理方式までは、「智慧化」或は「インテリジェント化」しようとさせる。「智慧がビッグデータによる」——都市管理がビッグデータを利用してはじめて突破的な改善を取得でき、多数の産業はビッグデータを利用することで、革新パージョンアップの機会を発見でき、さらに先発の優勢を取得する……。クラウドコンピューティング、モノのインターネットを有するが、ビッグデータ分析処理の核心技術を欠乏すれば、智慧都市の「大脳」が発達できなく、「知能指数」が高くなく、能力が強くない。
上海に言えば、智慧都市建設の推進は、革新駆動を速めて発展を転変する一つの重要戦略手段である。この開始に際して、我々は、「クラウドが知能指数」「データ」を見え、更に今後「データ」により「魔術を使って空中を飛行する」目標を確立し、「直接に核心を取りたい」と思っている。
Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス