ホーム:   ニュース
 
【網易】四維図新総裁孫玉国:地図最下層サービスは実現しにくい
2012/6/6

2012年の地理情報開発者大会で、四維図新(002405)会社総裁孫玉国は網易科技の取材を受けた時、知的財産権保護無しにイノベーションは無い、移動インタネットLBSは盛んに発展していますが、会社全体はまだ利得の臨界点に達していないので、四維図新に利潤転化はできませんと語った。

 会社のビジネスモダンを言うと、孫玉国は自分の苦しみをぶちまけた。「いろいろなことはもう過ぎました。たとえば、私たちはかつて起訴勝訴など、これらのことは皆さんはご存知ですのでもう言いたくないです。しかし私はわかるべきのは、イノベーションの動力はイノベーションから企業に超過利潤をもたらすことで、その核心は知的財産権の保護です。知的財産権なしに、イノベーションはありません。」

移動インタネットが地理情報にもたらす変革と企業へのチャンスについて、孫玉国は、国内の単一従業者はその規模から見ると、まだ小さい、10億以上レベルの企業はない。それは国家産業と全体経済規模と一致しないと表した。そして、彼は米国Esri社が地区での地図規模も十何億米ドルの例を挙げて、こう断言した: 第一、中国はきっと市価百億達する地理情報会社が現す。第二、将来は百個の通用プラットホームが現す。第三、細かい分市場で沢山の優秀企業が現す。最後に、産業の天井と発展のネックのため、相当多いの企業は消滅する。

移動インタネットは盛んに発展しているにもかかわらず、アップル中国区App storeの前百名のソフトの中に1/3以上のソフトはLBSサービスに関わり、もう1/4はLBSサービスを増設する予定。地図プロバイダーが提供している基礎地図はそのソフトLBS機能の必要な組成部分です。

しかし、このような市場繁栄はまだ直接に四維図新や高徳などの会社財務報告表に反映されていない。利潤の転化について、孫玉国は、「これは移動インターネット全体はまだ利益を儲けていないからだ。たとえば、まだ完了されていないパイをどのように分けることは現在の考えべきことではない。最後に成熟の臨界点を超えるときは、みんながともに受益する。」(呉澍)

Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス