ホーム:   ニュース
 
HERE買収の三者ウィンウィン局面 無人運転マップが再度書き換え
2017/1/11

 「将来は決めなく、自分より運命を切り開かなければならない」—「終結者1」
現実の商業世界もこのようだ、昨日の競争、今日の提携、明日どのようになるか、一切は一時的なもので、だからこそ、この変量に溢れているカオス世界を期待する価値がある。
昨年12月26日の夜、四維図新は公告を発布した:四維図新、テンセント及びシンガポール政府投資公司は共同でオランダ会社SIWAYを成立した、持株の割合がそれぞれ40%、18%及び42%である。新しく成立されたSIWAY会社はHEREの 10%持分を買収した、アウディ株式会社(AUDI AG)、BMW株式会社(BMW AG)とダイムラー株式会社(Daimler AG)が所持しているHEREの株が相応的に等額に減る。同時に、四維図新はHEREと共同で中国で共同投資し、一つの合資会社を成立し、主業はHEREグローバル位置サービスプラットフォームを使うお客様に中国マップデータ及び動的情報が含まれる内容端末とサービス端末のソリューションを提供する。
なぜこのニュースは注目されたか、買収事件の裏にある劇化効果のためである。2015年5月、テンセント、四維図新は共同でHEREの入札に参加した。当時入札財団の組み合わせは主に下記のとおりである:テンセント、四維図新と殷拓グループ;Baidu、Uberと安佰深会社;ドイツの三つの自動車メーカー;アメリカの三つのプライベートエクイティ会社;及びマイクロソフトがHEREの一部の持株を提出した。四維図新のA株も数月売買停止になった、すべての人は四維図新が必ず成しとげると考えたとき、四維図新は突然入札から退出した、裏の原因は始終公開しない。このことも徐々に皆様に忘れられた。誰も考えないが、今回四維図新はもう一度参加した。
現在苦境にあって希望が見えてくる結果について、なんとか四維図新はhereに対するなくした物を再び手に入れた感じがある。ひいては関連メディアは「生きている間」の重大だと評価した。この買収が四維図新に対する深刻な意味を見え、今回の収穫が更に大きいかもしれない。
過小評価されたHERE
現在グローバル自動車産業は科技革命を直面している、その中心は車聯網と自動運転であり、マップはちょうど上記の二つの技術の中心的な技術である。HEREは200ヵ国の使用可能データ、内蔵ルート計画ナビ機能、オフラインマップ、3D道路標識と45ヵ国29000のユニークな建築室内マップを提供でき、50ヵ国以上の700以上の都市公共交通情報を持ち、94ヵ国の運転ナビを提供し、視覚と音声の速度制限警告(60ヵ国を超えると50種の言語の町の名称のオフライン音声)を提供し、汽車、汽船、バス、電車、歩行情報及び生活周辺サービスを統合し、8500万を超えるローカルのレストラン、喫茶店、商店、博物館などについてのナビとユーザーデータを持っている。更に重要なのは、全世界約80%の自動車メーカーはHEREナビシステムを使い、トヨタ、フォルクスワーゲン、BMWなどの主流自動車ブランドと提携関係を結び、独占位置にあるを言える。
買収割合は計画の100%から10%への大幅な縮小になっても、これらは国内市場で数年拡大している四維図新に対して抵抗しがたい誘惑である。ただし、四維図新が国際市場への開拓目標に対して、HEREを100パーセント持つかどうかは、最終結果に影響を与えない。
元々四維図新はHEREと長期の良好な提携関係があり、買収はただ双方の戦略と業務協力性を更に向上させる。四維図新とHERE及びドイツの三つの自動車メーカーは資金のレベルで全世界マップデータと位置サービスソリューションを提供できる戦略連盟を成立し、これは将来四維図新が高精度マップ、自動運転と位置サービスなどの分野でリード優位の獲得に対して役割を果たす;四維図新が主な自動車業者との提携パートナーを更に強化させる。ある程度でBaidu、高徳などの競合相手に対する戦略防衛を強化する。この立場から見れば、四維図新は最大の勝者になり、小さい投入で多くの利益を獲得することを言え、一年以上の時間コストを含めて計算しても、それをするに値する!
テンセントは先駆者になる
先日、四維図新はMediaTek Incを買収した、裏にテンセントの参加と操作の姿が見える。四維図新の第二位の株主としてお金も力も出したが、ただの協力わけではなく、今回の買収は、裏には自分なりの狙いがある:自動運転。
テンセントはBATで最後の自動運転分野に関わる者である。アリババは自動車メーカーと提携し、インターネット自動車を発表した、Baidu自動運転車はすでに道路を進んでいる。テンセントはこの分野で遅れたプレッシャーを想像できる。
現在、「マップ提供業者+自動車メーカー」は自動運転分野の主流提携モードになり、以前の完全に主導したグーグルも、自動車メーカーと提携し自動運転車の開発に転換し、「マップ提供業者+自動車メーカー」は絶対的な主流モードなる。
この肝心な時刻では、ドイツの三つの自動車メーカーはタイムリーに善意を表した。テンセントをこの前の自動運転分野で遅れた劣勢を逆転させ、ひいてはトレードオフのように相手を打撃し、Baidu自動運転プラットフォームは以前のBMWから国内ある自主ブランド自動車にチェンジした、Baiduの失敗を惜しむ。HEREの実力は確かにテンセントを割り込ませる。後はテンセントと四維図新が今回買収提携の資源をどのように快速に消化し、登場製品を快速に出すことである。
マップ業者と自動車メーカーの競合時代
現在自動車メーカーは単純のマップデータのみに対して必要があるわけではなく、ナビアプリに基づく一体化サービスに対して必要がある。過去のマップ業者が許可証明書の販売とコピーのモードがなくなり、関連提携の商業モードも相応的に変わる。
HEREは四維図新と提携すると、データ標準の統一に対して有利である。データインタフェースの標準を利用し、自動車を車載センサーが収集したデータをクラウド端末にアップロードさせ、マップを更新させる。リアルタイムナビとリアルタイム道路状況などのサービスでユーザーに更によい体験と価値をもたらす。更に重要なのは、これで自動車メーカーとの交渉では、マップ業者は更に多くの発言権を獲得できる。意外がない場合、HEREがドイツの三つの自動車メーカーと共同探索した実際有効のモードは、国内更に多くの自動車メーカーに採用される。四維図新とHEREの合資企業はここで重要な役割を果たす。
このモードは同時に巨大なトンネルである。中国の自動車ブランドは海外市場を開拓するとき、HEREマップは関連するマップデータを四維図新に授権し、四維図新を海外市場を順調に構築させる;海外自動車ブランドは中国市場へ進出するとき、同様に授権の方式を通じ、HEREと四維図新のデータを本当に融合させ、互いに有無を通じ合う。
連盟が日々に壮大する
1月3日最新の情報により、インテル会社はこのように発表した、ドイツデジタルマップ会社HEREの15%持分の買収を承認した、取引は2017年第一四半期で完了する。取引の具体的な条項が披露されない。取引の一部として、インテルとHereは共同で「高拡張性の概念製品を開発し、自動運転に高解像度のリアルタイム地図更新」を提供できる。Hereに対する投資を通じ、インテルは概念検証のフレームを設計・展示し、運転安全と予測性を最適化にする計画。
これはインテルが自動車業界での初めての投資ではない。インテルに対して、自動車は重要な分野であり、インテルは当該業界で重要な地位を奪う必要がある。インテルは自動車業界における他の措置が、ItseezとYogitechに対する買収、自動運転自動車の安全とナビ機能の強化が含まれる;当該業界で少なくても2.5億ドルを投入する;モーターショーに積極的に参加する;2016年11月特定の自動運転技術集団を成立した。昔からインテルは車聯網と自動運転における野心満々である。
疑いなく、ドイツの三つの自動車メーカーはHERE資源に対する文割を通じ、しっかりした車聯網と自動運転連盟を成立するよう期待している。
車聯網と自動運転の版図の構造は書き換えられる
在庫が巨大で、基数が驚異的かつ増幅が恐ろしく、現在中国市場は全世界が無視できない巨大な経済体になり、ドイツの三つの自動車メーカーもこれをきっかけとして、HERE 10%の持分を出し、中国市場の更に安定な提携パートナーを取り換える。インテルの参加もこの連盟を更に壮大させる。
現在から見れば、HEREに参加する多くの側は取引で最大の利益を獲得でき、ウィンウィンの局面は外延関係に影響を与える。少なくても国内自動運転の競合パターンがこれでもう一度書き換えられる。2017年自動運転市場も更に期待する価値がある。

Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス