ホーム:   ニュース
 
四維図新、テンセントとGICは共同でHEREの株主になる共同で中国市場に位置サービスを提供
2016/12/29
 オランダアイントホーフェン、中国北京と深セン、シンガポール、2016年12月27日-開放位置プラットフォーム会社HERE、中国でリーダーしているデジタルマップと位置サービスプロバイダー北京四維図新科技株式会社(以下「四維図新」という)及び中国でリーダーしているインターネット付加価値サービスプロバイダテンセントホールディングス株式会社(以下「テンセント」という)は、今日共同で三者戦略協力パートナー関係の結びを成立し、中国市場にトップ位置サービスを開発・提供すると発表した。
戦略協力パートナー関係に基づき、四維図新はテンセント、国際でリーダーしている投資会社GICと共同でHERE 10%の株式を買収する予定、HEREの株主の構造を更に拡大する。買収を完成するために、アウディ株式会社(AUDI AG)、BMW株式会社(BMW AG)とダイムラー株式会社(Daimler AG)は、HEREの株式を同額相応で間接に削減する。買収は監査部門の審査状況により、2017年上半期完成する見込む。
HERE、四維図新とテンセントが結んだ戦略協力パートナー関係は下記のものを含む:
HEREと四維図新は合資会社を成立する予定:双方は中国で50/50合資会社を成立予定、中国と全世界のお客様に位置サービスを提供する。HEREは全世界200近くの国にマップと位置サービスを提供し、合資会社のプラットフォームに基づき、HEREは四維図新が国内各分野にあるデータとサービスサポートを利用し、サービスを中国に正式に広める。
• HEREと四維図新の新しい計画により、HEREのAuto SDKを中国に導入し、中国市場の具体的な要求により、当該製品のローカル化プロセスを推進し、Auto SDKは内蔵車載体験に使われるのモジュール化ソフトウェア開発ツールである。
• HEREと四維図新の新しい計画により、自動運転自動車に向ける高精度マップと位置サービスを共同で成立・提供し、お客様に始終一貫している業界でリーダーしている全世界ソリューションの提供を確保する。
• HEREと四維図新は合資会社の運営プラットフォームで、HEREのモノのインターネットソリューションを中国市場へ広める計画、例えば、車隊管理、ニーズに応じるサービスと資産追跡。
合資会社は中国関連当局の監査・承認を得てから成立できる。
テンセントはその製品とサービスでHEREと提携する:テンセントは中国と国際市場製品とサービスでHEREのマップと位置プラットフォームサービスと工具の使用を探索する。
製品向上と強化:HEREとテンセントは提携し、双方会社の製品を向上し、ユーザーとお客様に更に素晴らしい体験をもたらし、双方も新しい製品と新しい技術の開発チャンスを探索する。
HEREとテンセントの商業提携は、各管轄区域の関連部門の監査・承認を得てから成立できる。
HERE CEO Edzard Overbeekはこのように話した:「我々はいつも株主基数を拡大し、インシデント位置を全世界各地異なる業界の創新と拡大を推進するように期待している。このため、我々はHEREとテンセントを歓迎し、HEREとテンセントが我々のビジョンを協力する戦略投資者だけではなく、協力パートナー であり、共同で中国市場に引き付ける力がある新型サービスを創造し、我々は同様にGICが会社の長期発展の将来性を信じる金融投資者として我々の行列に参加するように歓迎している」
四維図新のCEO程鵬はこのように述べた、「自動車業界は自動運転と新しいエネルギーの二つの重大な変革の直前にあり、今回我々は全世界ハイエンド自動車ブランドと全世界位置サービス業界のリーダーと提携し、中国自動運転業界全体を新しい段階に向上させる。四維図新とHereは十年あまりの楽しい提携歴史があり、伝統的なナビからインシデント位置サービスへの深刻な転換期にある。両社はそれぞれの株主と提携し、つまりハイエンド自動車工場はテンセントと提携し、歴史を伝承し、将来へ向け、必ず全業界に新しい自動運転とインシデント位置サービス全世界ソリューションをもたらす。」
テンセントグループの副総裁馬喆人はこのように述べた、「HEREとの戦略提携は、テンセントが良質サービスでユーザーを繋げる承諾を証明した、HERE国際リーダーしているインシデント位置技術の導入は、テンセント社交プラットフォーム能力及びユーザー行為及び位置データ生態に対する理解に合わせ、テンセントの位置サービス能力を全面的に向上させる。同時に、テンセントが自動運転、人工インシデントなどの将来科技分野における探索を促進した。」
GICのプライベートエクイティ投資チーフ投資官朱勇勤はこのように述べた、「長期価値の投資者として、我々はHEREが自動車分野で取得した成功をモノのインターネット、知恵都市と車隊管理などの分野へ広める能力があることを信じる。我々は、四維図新とテンセントとの戦略提携が、HEREが全世界での業務拡大とHAD(高度自動運転)マップの発展によい勢いを作るように信じる。」
HEREについて
HEREはネット地図サービス会社であり、人々、企業と都市に位置把握の力を与える。我々は位置の立場を通じ、世界を理解し、これに基づき、お客様を更によい結果を実現させ、都市をインフラを管理させること、企業をその資産を最適化にすること、運転手を目的地に安全に案内させることも含まれる。HEREの更に多い情報、当社新世代のクラウドコンピューティングに基づくプラットフォーム位置サービスを問い合わせる場合、http://360.here.comにアクセスしてください。
お問い合わせの際は、以下までご連絡ください:
HEREメディア関係
James Etheridge
+49 151 1004 1241
james.etheridge@here.com
Dr. Sebastian Kurme
+49 173 515 3549
sebastian.kurme@here.com
四維図新について
四維図新は始終国内一番の位置ビッグデータ+アルゴリズム+計算能力のプラットフォームに取り組んで、国際一流の高精度マップ、車聯網と自動運転総合ソリューションサプライヤーになる。十年あまりの発展を経て、会社の製品とサービスは、自動車ナビ、インターネット及びモバイルインターネット、政府及び企業アプリなどの各業界のニーズを十分に満足する。全世界市場では、四維図新という新しいブランドは多くのお客様の認可と業界の高度肯定を得た。詳細はwww.navinfo.comにアクセスしてください。
お問い合わせの際は、以下までご連絡ください:
四維図新メディア関係
斉芸
+86 1861 813 3820
qiyun@navinfo.com
四維图新投資者関係
秦芳
+86 1368 306 0329
qinfang@navinfo.com
テンセントについて
テンセントは科技でインターネットユーザーの生活を豊富にする。毎日、数億人は我々の総合プラットフォームを通じてコミュニケーションし、各種の経験を共有し、娯楽活動を消費・検索する。テンセントの多元化のサービスは、社交とコミュニケーションに使われるQQとウェイチャット、社交ネットとするQQ空間、オンラインゲームを提供するQQゲームプラットフォーム、情報を提供するテンセントとテンセントニュース及び動画を提供するテンセント動画を含む。テンセントは1998年より深センに成立された、2004年香港ユナイテッド 主板で公開上場した。テンセント会社は香港恒生指数成分の株である。創新投資を通じ、パートナーに互恵の環境を作り、ユーザーと密接な関係を維持し、テンセントはインターネットと一緒に進歩・発展している。
お問い合わせの際は、以下までご連絡ください:
テンセント投資者関係
Catherine Chan
+86 755 86013388 ext 88369
+852 3148 5100
cchan@tencent.com
Tracy Huang
+86 755 86013388 ext 83731
+852 3148 5100
tracyqhuang@tencent.com
テンセントメディア関係
Canny Lo
+86 755 86013388 ext 66630
+852 3148 5100
cannylo@tencent.com
Limin Chen
+86 755 86013388 ext 56011
liminchen@tencent.com
GICについて
シンガポール政府投資会社(GIC)は全世界最も大きな機構投資者の一つで、1981年成立された、その目的はシンガポールの外貨準備高に価値を維持・増加させる。規範の長期投資者として、GICは不動産、プライベートエクイティ、株式と固定収益などの各種の資産類別でユニークな投資位置づけがある。プライベートエクイティについて、GICは基金または直接投資を通じ、基金マネージャー及び管理チームと提携し、世界レベルの企業がその目標の実現を援助し、投資範囲は40ヵ国に広がる。GIC本社はシンガポールに位置し、全世界主な金融都市で10カ所の事務所を設け、1300人を超える従業員を持つ。詳細はwww.GIC.com.sgにアクセスしてください。
お問い合わせの際は、以下までご連絡ください:
Jennifer Lewis
+65 68898383
jenniferlewis@gic.com.sg
Mah Lay Choon
+65 68896841
mahlaychoon@gic.com.sg
Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス