ホーム:   ニュース
 
四維図新の新しい車載アプリ解決案はFlyAudioで登場
2016/11/17

 2011年四維図新は率先して国内でブランド「ウェードライブ(WeDrive)」を出した、2014年テンセントと提携し「ウェードライブ(WeDrive)」を出した、2015年「ウェードライブ2.0」を出した、四維図新のIoV生態は徐々にナビデータ、リアルタイム交通情報、自主カールールOS、自主携帯IoV、アプリショップ開放プラットフォーム、クラウドサービスプラットフォームが含まれる揃っている解決案になる。
現在、四維図新WeDrive製品家族のもう一つの新しいメンバーはそろそろ商業化市場に正式に登場し、新しい車載アプリ解決案は「ウェードライブアシスタント」(WeDriveAssistant)の方式でFlyAudio傘下の重要な製品、FlyAudio黄金G8Ⅱインシデントカーにおけるサービスで体現する。
ソフトウェアとハードウェアが協力し、深度提携はIoV生態体系を構築する
ここ数年、人車インターネットの概念は徐々に車のオーナーの生活に融合し、インシデント管理、インシデントサービス、インシデントコントロール一体化のIoVはインターネット+の重要な部分になり、IoVの構築とメンテナンスは自動車業界で注目が浴びられるホットトピックスになる。
FlyAudioナビは車載ナビ業界のリーダー企業として、優れるハードウェア生産実力があり、IoV生態の建設に対して自分なりの見方がある。FlyAudio黄金G8Ⅱの4G急速インターネット利用機能と強いハードウェア配置はウェードライブアシスタントに新しい運作プラットフォームを提供し、カーハードウェアプラットフォームは四維図新車載サービス体系と緊密に協力し、揃っているIoV製品体系を作る。
ウェードライブアシスタント音声応答はサービス方式の全面的な変革を引き起こすウェードライブアシスタントは国内人工インシデントリーダー企業Sougouの最新車載音声解決案を搭載し、当該技術はSougouに限る音声識別、音声合成と語彙理解技術を運用し、自然語彙を完全に理解でき、人とマシンの数回の音声応答を実現し、友達のように複雑なチャットもでき、車のオーナーが運転する過程における両手と目を徹底的に解放する。それに、ウェードライブアシスタントは車載環境に対して最適化し、精確な音声識別技術は、運転途中、窓を開けても識別率は依然ながら95%以上を維持し、音声識別レスポンス時間は500ms以下である。
先進的な音声応答技術は、サービス方式の全面的な変革をもたらし、伝統のアプリを中心とするカーサービスモードから人間本位に転換し、ニーズを話すと、システムは相応するサービスを自動的に提供できる。ウェードライブアシスタントは車生活に置けるの九つの種類のサービスをカバーし、天気、音楽、FM、ニュース、株券、ナビ、交通ルール違反、銀行、都市活動が含まれ、カー版ウェイチャットもサポートし、車のオーナーはいつでもオンライン情報を取得でき、利便なインターネット社交生活を思う存分に享受できる。
人間本位の人間化操作体験、リアルタイムオンラインのインシデントサービスレスポンス
ウェードライブアシスタントはAPP削除のカード型デスクトップマネジメントシステムを使い、複雑な二級メニューを削除し、使用コストを最大ダウンし、サービスを情報自身に集め、カードは情報であり、見えるものは取得であり、クリックすると音声が聞こえることを実現し、各種類のアプリの間で頻繁に転換する必要があり、安全で便利で、親切な車載情報サービスを享受する。
音声と内容サービスに対する抜き取り及び融合を通じ、LAPPの形式で現れる。製品機能について、ウェードライブアシスタントは簡単な音声ツールではなく、伝統的なIoVサービスではなく、音声応答の方式を通じ、車のオーナーに用車、情報、娯楽、社交及び安全運転などの全面的な管理サービスを提供する。FlyAudioとの提携を通じ、ウェードライブアシスタントはそれが車載サービス分野における強い優位を更に表す;カーとのハードウェア及びソフトウェアの提携を通じ、後続のマルチカープラットフォームのモードによい参照根拠を提供する。

Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス