ホーム:   ニュース
 
四維図新は何をしているか?
2016/10/20

先週の週末、ただ兪永福の一言のために、百度と高徳は戦った。傍観者として、私は誰かが優勝者だに対して関心を持たなかったが、この二つの会社の広報担当者を心配した、週末ナノに残業しなければならなかった。

ただし、この週末は劇的だと決まっている。百度と高徳は戦った先日、つまり先週の金曜日、もう一つの図商四維図新は「Open Auto Drive Forum」と名付ける自動運転技術検討会に参加した、簡単に言うと、このフォーラムは関係者を集め、将来自動運転技術の標準を検討する。四維図新はここで高精度地図を提出した-これは最近高徳が述べたことと期せずして一致している。(これは国際化の会議で、学術雰囲気がいい、会議現場の半分以上の人は外国専門家で、当然ながら、百度と高徳のクラスメートもいる)

自動運転について、地図サプライヤーの切り込み口は高精度地図である。四維図新を除き、百度、高徳及びテンセントは高精度地図を研究している。四維図新はこの面でやり始めが早い会社を言え、現在四維図新は「自動運転実験室」と「深度学習実験室」を成立した。

四維図新CTO戴東海はこのように話した、2012年海外会社は四維図新を見つけた、当時双方は高精度データ、自動運転などの面で早期提携した。これから、大きな量産計画がある。今年6月、四維図新はLevel 2全国高速道路網被覆をサポートするデータと製品を出した、量産能力に達する。将来、四維図新は具体的なスケジュールを立てる:2017年、Level 3国内全高速道路網の被覆の製品を出し、量産できる程度に達する。2019年のはじめ、主な都市のLevel 4レベルの地図データを提供する。

四維図新の高精度地図をどのように実施するか?

現在高精度地図を研究している会社は数個の「流派」に分け、ここではグーグルとMobileyeを例とする。Mobileyeはレーザーレーダーで高精度地図のデータを採集し、データ量が大きく、キロメートル毎にGBレベルである。このような厖大なデータ量は、普通の車工場は量産し難い;MobileyeのRoad Experience Management概念は、クラウドソーシングの方式で、ユーザーを通じて高精度地図のデータを収集するが、これらのデータはMobileyeのセンサーのみに使える。

現在四維図新は研究している高精度地図が、センサーに関係がなく、車工場は大きな柔軟性がある。車工場はどの自動運転解決案を使用しても、四維図新の高精度地図を続けて使用できる。高精度地図のデータ量の大きさについて、戴東海はこのように述べた、経験から言うと、伝統的なデータに比べ、大体1:1である。

もう一方、高精度地図のデータをリアルタイムに更新しなければならない。四維図新のやり方は、地図を数個の「層」に分け、基礎ナビゲーション層、高精度道路網層、リアルタイム動的層及び他の環境影響要因を含む。これらの「リアルタイム」要求が高いデータは、クラウド端末を通じて絶えずに更新している。

「ソフトウェア」に関わる努力を除き、今年5月四維図新は傑発科技(MTK子会社)を買収した。戴東海は、今回の提携はとても深いレベルの戦略案だと話した。明らかに、四維図新はインテリジェントチップの作りを通じ、ソフトウェアとハードウェアを結び、全産業チェーンの競争を実現したい。

同条件対比から見れば、四維図新は伝統的な自動車サプライヤー見たい、車工場の緊密に提携し、車工場のニーズを満足する。ただし、その競争者高徳は、更に「インターネット」の道路を選択するみたい。先日、高徳は高精度地図無料を突然公布した。B端末に向ける製品として、高徳はC端末に向ける方法で宣伝している。高徳の構想では、交換としては、車工場はある程度の道路データを高徳に開放し、これで高精度地図を徐々に完全にする。ただし、「無料は一番高い」、車工場はデータを開放する意向があるか?その答えは時間に次第である。

インターネット会社の競争に直面し、私は四維図新の優位は何だと聞いたとき、戴東海の回答は友手簡単である:「当社のやり始めが早いが、積み重ねも更に完全で、製品の成熟度も更に高い。あらゆる面を評価してから、実施する意向がある車工場は、やっはり四維図新と提携する。」

Back Top
我々に加わってください ネット案内 プライバシー お問い合わせ 会社メールアドレス